top of page

新型コロナ感染症の後遺症やワクチンの副反応でお悩みの方へ



長引く後遺症や副反応の最も大きな原因について、簡単に解説したいと思います



 インフルエンザの感染は、一般に肺細胞だけで他の細胞までは感染しない


 ウイルスは、「タンパク質の殻と殻に入った遺伝子(RNAやDNA)」だけという単純な構造の粒子です。一方、細菌や真菌は細胞なので、自分で細胞分裂し増えていくことができます。


 ウイルスは自身では増えることができませんから、ヒトや動物(宿主)などの細胞に入り込み、その細胞機能を利用して増殖していきます。


 宿主細胞に入り込む為には、まず自身のタンパク質を介して細胞に取り付く必要があります。その後自身の遺伝子とともに細胞内に侵入していきます(感染)。例えばインフルエンザの場合、自身のタンパク質が肺細胞に取り付き感染しますが、肺細胞以外の細胞には取り付くことができない(☆1)為、インフルエンザ感染は肺細胞にだけ限定され、一般に症状も呼吸器系の症状が主なものとなります。



 新型コロナウイルスは、様々な細胞に感染し、血管内に血栓を発生させる


 ところが、新型コロナウイルスでは、自身のタンパク質が様々な組織の細胞に取り付くことができる為、症状も全身症状を呈することになります。特に血管にも取り付くことができることと、脳内にも侵入できるので、呼吸器系の症状以外にも多種多様な症状が現れます。

 特に問題となるのが、各種血管に取り付いて感染することができることです。この場合、血管内で血栓が発生することになります。実際に毛細血管内にも微小で発見し辛い血栓が高確率で確認されています(☆2)。


 このように、新型コロナウイルスのスパイクタンパクは様々な細胞に取り付くことができる為、インフルエンザウイルスとは大きく異なり、全身症状を呈する可能性が高いとても危険な疾患で、全身に発生する様々な血栓(脳内にも発生)が、コロナ感染やワクチン接種の多種多様な後遺症の大きな原因の1つであろうと考えられています(☆3)。


 このようなことから、コロナ感染症および後遺症において、頭痛や吐き気や倦怠感などの症状は、こうしたことの表れであろうと考えられます(☆4)。



 新型コロナのmRNAワクチンは、全身の血管に血栓を生じさせる


 さらに注意すべきことは、今回使用されているmRNAワクチン」です。

このワクチンは、スパイクタンパクという抗原に対して生体の免疫機構により血液循環器系以外の部分的な領域で抗体を作れるよう、スパイクタンパクを作るよう命令する遺伝子を、上腕部に注入するものです。


 ですから当初はこの遺伝子は血管内を循環することはないと思われていましたが、「ドクター mRNAジャブによる心不全で "ほとんどの人が死ぬ"」(引用元)Principia Scientific INTERNATIONAL 21/7/10)によると、

『腕に注射された『ワクチン』のうち、実際に腕に残るのは25%だけだということがわかっています。残りの75パーセントは、リンパ系によって集められ、文字通り循環系に送り込まれます。』

 とあり、実際には全身でこのスパイクタンパクが生成され、その存在が確認されているようです。


 つまり、ワクチンにより体内で生成されたスパイクタンパクは、抗体を生成する(実際にはこの抗体の効果にも疑問が持たれている)という目的以前に、全身に発生していることからウイルスに感染もしていないにも係わらず、全身の血管に血栓を形成するということであり、コロナに感染した場合より却って、より危険でありより有害である可能性が高いことが理解されるべきです。


 このようなことからも、私はワクチン接種には、当初から反対していました。



 スパイクタンパクを、なるべく早く解毒・排泄する可能性のあるものをご紹介


 しかしながら、ワクチンを複数回打ってしまって体調がすぐれない方に、どうにかして健康を取り戻してもらいたいと思っていますので、この「スパイクタンパク」を解毒・排泄する可能性が高い方法をお伝えしたいと思います。


 今回紹介する物質は、医薬品ではなく、サプリメントとして販売されていますから、効果を保証するものではありません。

 ご自身のご判断でご使用されるようお願い申し上げます。


 まず、一番目に紹介したいのが、「ビワの種」です。



 ビワ(特にその種)は、癌に効果があると言われ、使用されてきた


 「なぜビワが良いのか」(引用元:ビワと健康 では、

1950年、米国サンフランシスコの生化学者、アーネスト・クレブス博士は、アンズの種子(杏仁)からアミグダリンを抽出し結晶化して「レートリル」と名付け、ガンの治療に使用しました。  クレブス博士は、食生活の偏りによるアミグダリンの欠如が代謝活動に異常をもたらし、これが免疫力・抗菌力の低下につながり、ガンだけでなく心臓病・糖尿病など成人病の原因になると主張しました。  アミグダリンを多く含むものとしては、アンズの種、ビワの種、ビワの葉、ウメの種、アーモンド、アルファルファ、プルーン、たけのこ、玄米、大豆、小豆、蕎麦、ゴマなどがあります。  長寿国フンザ王国の人々がアンズの種を大切にしていたことは広く知られているところです

とあります。


 このように、ビワの種(アミグダリン)は、免疫力や抗菌力と係りが深く様々な作用があり、昔からとても重宝されていたことが分かります。



 ビワ種の有効成分「アミグダリン」はシアン化化合物を含むが、種を一度にたくさん食べなければ問題は起こっていない


 しかしながら、JFRL ニュース Vol.6 No.14 Dec.2018 「シアン化合物」には、

 『アミグダリンは、マンデロニトリルに 2 個のグルコース(ブ トウ糖)が結合した構造を持っています。アミグダリンは、梅やビワなどバラ科の植物に含まれ ており,その植物自身が持つ酵素によって,マンデロニトリルとグルコースに分解され,マンデロニトリルがさらに分解されると,ベンズアルデヒドとシアン化水素が生成されます。』

 とあり、シアン化水素による毒性が気になるところです。


 上述の「なぜビワが良いのか」において、さらに

 『国立健康・栄養研究所」の「健康食品の安全性・有効性情報」の「アミグダリンについて」のページを見てみましょう。  そのポイントをまとめると、以下の通りです。

 アミグダリンはかつて「ビタミンB17」と呼ばれていたが現在は否定されている。

 また、「アミグダリンの欠乏がガンや生活習慣病の原因となる」という説も、その科学的根拠は現時では確認されていない。

 アミグダリンを抽出して製造した薬剤「レートリル」がガンの増殖を抑制するという説が提唱され、実際にガン治療に用いられたことがあった。  しかし、臨床研究の結果効果が否定され、むしろ青酸中毒をおこす危険性があるとされ、現在米国ではレートリルの販売は禁じられている。

 アミグダリンの効果を強調した健康食品については充分な注意が必要。  アミグダリンの多量摂取による健康被害も報告されている。

 上記資料を冷静に読んでみると、「アミグダリン=毒物」と言っている訳ではなく、アミグダリンを薬効成分とするアンズやモモの仁 (種子の中身)が昔から漢方の生薬(杏仁、桃仁)として用いられ、実際に去痰・鎮咳などの用途に用いられていること、

 青酸はごく少量であれば細胞内(ミトコンドリア)の酵素 (ロダナーゼ) の作用により、毒性が弱く排泄されやすい形に変換されることにも言及されています。

 また、報告された健康被害の実例というのは、アミグダリンを抽出・製剤した「レートリル」を数グラム(ウメの仁だったら数百個分)単位で一度に摂取した結果だったことが分かります。』

 このように、アミグダリンは、青酸配糖体ですが、一度に大量の種を食べなければ大丈夫だということもわかります。


 

 アミグダリンには、抗ウイルス作用とともに、異常なタンパクを阻害する効果がある


 アミグダリンは、抗ガン作用や鎮痛作用、血液浄化作用や殺菌・抗ウイルス作用があると言われていますが、新型コロナ感染症やワクチンの副反応に対する効果や臨床応用に関する文献は今のところはありません。


 しかしながら、日本の東風医学博士が、聖書からヒントを得て、イチジク(バラ科の植物でアミグダリンを含有する)の作用に注目し、それに抗がん作用があることを発見しました。そして、その有効成分を抽出分離し、それがベンズアルデヒドであることを突き止め、臨床的にがんに効果があることを証明しています。

 その後のベンズアルデヒドの研究において、ベンズアルデヒドは、異常タンパク質の機能を阻害するという結果が得られています(☆5)。

 アミグダリンの構成要素であるベンズアルデヒドが、ウイルス由来の異常タンパクである「スパイクタンパク」の機能を阻害するのかもしれません。


 アミグダリンを多く含むサプリで一番入手しやすいのが、ビワの種ですので、紹介させていただきます。



 新型コロナ感染症の後遺症やワクチンの副反応のお悩みについて、お気軽にお電話でご相談ください。

 ビワの種につきましても、扱っておりますので、ご興味のある方はよろしければ、お電話でご相談ください。


 次回は、2番目に紹介したい「メラトニン」について書きたいと思います。



☆1:FLASHNEWS「ウイルスの病原性を左右するもの」

(https://www.shiga-med.ac.jp/~hqkikaku/intro/idainews/idainews10/1003.pdf)


☆2:スマート脳ドック2022/04/20 ( 公開日 : 2021/10/01 )

「新型コロナウイルスが脳卒中リスクに?脳ドックで知っておきたい脳の健康状態」


☆3:YAHOOニュース23/1/23「コロナ後遺症の謎を解く鍵? スパイクタンパク質が引き金 

 の「毛細血管を詰まらせる微小血栓」


☆4:ワクチン接種者の血栓症について医学博士が解説 接種者は肺の損傷を受けた場合、3年以内に死亡...配信元)rumble 21/7/17 Mayo97


☆5:高橋 亨 進行がん患者を救う「奇跡の治療薬」への挑戦』、幻冬舎 (2018/3/2)

閲覧数:3回0件のコメント
bottom of page