top of page

 

 第2類医薬品 

「三黄瀉心湯」は、身体の熱を冷まし心の興奮を沈める漢方薬で、便秘傾向の方に適用されます。

 第2類医薬品 

「知柏地黄丸」は、腎を補うとともに上昇した気を下して、興奮を沈める漢方薬です。

 

【飲み方】

 🔸朝夕に、三黄瀉心湯各1包を空腹時(食前約30分または食後約2時間)に服用

 🔸昼に、知柏地黄丸1包を空腹時(食前約30分または食後約2時間)に服用

 

 ❖ 飲み忘れた場合には、服用間隔を3時間程度とれるようでしたら、飲んでいただいても結構です。

 ❖ 胃腸の弱い方や胃がもたれる方は、食後すぐにお飲みください。

 

 

 <重要> 

 なお、不調の期間が長い方の場合、漢方的には「血の流れが悪くなっている」可能性が高くなります。

 特に、以下の方は、

 ❖ 唇や舌や顔色が暗く、シミやしばかすの多い方

 ❖ クモ状血管や手足に静脈瘤がある方

 ❖ 舌裏の青い静脈が太く腫れている方

「血の流れが悪くなっています」ので、

「桂枝茯苓丸」も1日1回夕方に1包併用することをお薦めします。

 

 JPS桂枝茯苓丸購入画面へ

 

 詳細は、漢方オアシスにお問い合せください。「チャットへ」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「三黄瀉心湯」は、比較的体力があり、赤ら顔でのぼせやすく、精神不安、便秘傾向がある方の高血圧に伴うのぼせ・耳なり・頭重・不眠や鼻血、更年期障害などを改善します。炎症を鎮めて充血を除き、精神を安定させる働きがあります。
本剤は漢方処方である三黄瀉心湯の生薬を抽出し、乾燥エキスとした後、服用しやすい顆粒剤としました。

【効能・効果】
体力中等度以上で、のぼせ気味で顔面紅潮し、精神不安、みぞおちのつかえ、便秘傾向などのあるものの次の諸症:
高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳鳴り、頭重、不眠、不安)、鼻血、痔出血、便秘、更年期障害、血の道症
<効能関連注意>
血の道症とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状および身体症状のことです。

【用法・用量】
次の量を食前又は食間に水又はお湯にて服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15才以上):1包:1回
15才未満:服用しないこと
<用法関連注意>
食間とは食後2~3時間を指します。

【成分分量】
1包(2g)中
三黄瀉心湯乾燥エキス 0.56g
(ダイオウ・オウゴン・オウレン各0.8g)
<添加物>
ステアリン酸マグネシウム,ショ糖脂肪酸エステル,乳糖水和物

【使用上の注意】
■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1.本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないでください
   他の瀉下薬(下剤)
2.授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください
■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。
 (4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
 (5)だらだら出血が長びいている人。
 (6)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
 皮膚:発疹・発赤、かゆみ
 消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振、胃部不快感、はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診察を受けてください。
[症状の名称:症状]
 間質性肺炎:階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。
 肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
   軟便、下痢
4.1ヵ月位(鼻血に服用する場合には5~6回、痔出血、便秘に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

 

 

「知柏地黄丸」は、比較的体力がなく、疲れやすくて口渇がある方のむくみ、排尿困難、顔や手足のほてりなどを改善します。水分の代謝を調整し、内熱を除く働きがあります。
本剤は漢方処方である知柏地黄丸の生薬を抽出し、乾燥キスとした後、服用しやすい顆粒剤としました。

●使用上の注意
■■してはいけないこと■■
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
次の人は服用しないでください
(1)胃腸の弱い人。
(2)下痢しやすい人。

■■相談すること■■
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。

2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

[関係部位]消化器
[症 状]吐き気、胸やけ、食欲不振、胃部不快感、腹痛

3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
下痢

4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

●効能・効果
体力中等度以下で、疲れやすく胃腸障害がなく、口渇があるものの次の諸症:顔や四肢のほてり、排尿困難、頻尿、むくみ

●用法・用量
次の量を食前又は食間に水又はお湯にて服用してください。

〔 年 齢 〕成人(15才以上)
〔1 回 量 〕1包
〔1日服用回数〕2回

〔 年 齢 〕15才未満
〔1 回 量 〕服用しないこと
〔1日服用回数〕服用しないこと

<用法・用量の関連する注意>
(1)食間とは食後2~3時間を指します。

●成分・分量
2包(5.0g)中
知柏地黄丸料乾燥エキス3.0gを含有しています。
日局チモ ・・・・・・・ 0.65g 日局オウバク ・・・・ 0.65g
日局ジオウ ・・・・・・ 2.59g 日局サンシュユ ・・・ 1.30g
日局サンヤク ・・・・・ 1.30g 日局ボタンピ ・・・・ 0.98g
日局ブクリョウ ・・・・ 0.98g 日局タクシャ ・・・・ 0.98g
上記生薬量に相当します

添加物として、ショ糖脂肪酸エステル、ステアリン酸Mg、乳糖水和物
を含有しています。

●お問い合わせ先
本剤についてのお問い合わせは、お買い求めのお店あるいは下記にお願いいたします。
ジェーピーエス製薬 お客様相談室
電話 045-593-2136
受付時間 9:00~17:00(土、日、祝日を除く)

JPS:三黄瀉心湯14包+知柏地黄丸7包

¥3,080価格
    • 価格表示は、すべて税込です.
    • 初回購入割引1980円(クーポン利用コード:FIRST)
    • 送料全国無料

​*この商品は、薬袋でのお届けとなります

bottom of page