top of page

「製薬業界の闇と私が漢方薬だけに拘る理由」


 私は、京都薬科大学を卒業後、外資系の製薬会社に本社勤務として入社しました。

 この会社は、外資系で自社開発・製造の医薬品をいくつか持っていました。

 心臓の自社製品を担当していましたが、3年で辞めました。


 その理由は、自社の薬も含め西洋薬と言われる薬は、病気を治す薬ではなく、実は逆に健康に有害なものであると悟ったからです。


 西洋薬を勉強するにつれ、ホルモンや神経伝達物質そのものや、それに働きかける成分が医薬品の主流となっていることが判ってきました。

 当初、ホルモンや神経伝達物質は、微量で大きな作用を示ししかも生体内成分だから、漠然と安全だろうと思い、さすが最新の医学だと思い、これは凄いと感心していました。


 ところが、このような成分は、微量で大きな作用を示す為、生体にとっては逆にかなり有毒な物質であることが判り、それ故必要な時に体内で生成され、役目が終わるとすぐに代謝分解されるようなシステムになっていることを知りました。


 ところが、製薬会社は、これを医薬品として開発し、販売しようと考えるのです。


 確かに微量で大きな作用を示すのですが、必要なところに運ばれ作用を発揮するまでに、胃腸で消化吸収され、血液を介して運ばれる必要があります。

 血液を介するとなると、その成分は胃腸はもちろんのこと、全身の様々な器官や組織が晒されることとなるので、広範囲に害を与えることになります。また全身に運ばれますので素早い局所的な代謝システムも不完全となります。

 さらにこのような医薬品は、ほとんどが直接免疫力を落とす作用を有しています。


 例えば高血圧症の患者のお薬で考えると、そのお薬は微量で血圧を下げますが、そのお薬が血圧を調整する器官にその成分が届くまでに、様々な器官や組織に傷つけますし、一般に免疫力も低下させます。

 それにそもそも血圧が上がった原因、例えばストレスや悩み事、また血管にコレステロールなどのごみが溜まっているとか、血液の流れが悪くなっているとか、そのような原因を根本的に改善する薬ではないのです。


 一方、漢方薬は、このような強力な成分を使わずに、体の生理機能を整え免疫力を上げることで、根本原因にアプローチするものなのです。

 しかも効果は西洋薬に劣らず、どんな病気でも効果を発揮するのです。さらに病を根治させることができるので、病気が治れば、薬を止めることができます。


 私は、このことに気づいたので、製薬業界を離れました。


 ところが、この業界の人は、このことに気づいていないのか、気づいていても平気で働ける人達なのです。私は、この業界は人達は、「健康より商売を第一に考えている」と思っていますし、また完全に狂っていると思っています。


 今の新型コロナウイルスとそのワクチンも、前回のブログ(コロナ感染症(COVID)のワクチンは打たないようにしてください」「新型コロナウイルスの予防と治療、そしてワクチンの実際」に書きましたが、同じ範疇に当てはまります。

 

 製薬会社の従業員の方々は、次のようなことを考えていないと思いますが、その会社や業界を支配している人たちは、人の健康に良くないと知っていて、人口を削減するという意図をもって、パンデミックやワクチン投与を実行しています。

 ジョンズ・ホプキンズ・ヘルス・セキュリティ・センターが世界経済フォーラムとビル&メリンダ・ゲイツ財団との協力により2019年10月18日に主催した「イベント201」で、米国のパンデミックに備えるシミュレーションを行っています。(なおビル&メリンダ・ゲイツ財団は、世界的大手製薬会社に多額の融資を行っています)


コロナウイルス:コロナ・コンスピラシー

配信元) YouTube 2020/3/13



 そして、実際にこのイベントの2ヶ月後に中国武漢で新型コロナウイルスが確認されたのです。


 コメントやご意見がございましたら、以下のコメント欄からよろしくお願いします。


 特に山口県や萩市や阿武町の方々からのコメントをお待ちしています。

 考えにご賛同いただける方と繋がりたいと考えています。

 よろしくお願い申し上げます。

閲覧数:67回0件のコメント
bottom of page