top of page

「同じグループにおける偶数型と奇数型の区別のコツ」




漢方・性質性格論「五行類型論」を判定するコツで、「顔の形編」「体の動作編」と書きましたが、これらの方法によって、漢方・性質性格論「五行類型論」1項目(交感神経系)2項目(副交感神経系)が、五行(木火土金水)の5つのグループのうち、どれとどれなのかというところまでは、判定が出来たでしょうか?

 ただ同じグループでも、「奇数型」なのか、「偶数型」なのかの判定が必要ですが、慣れないと難しいかもしれません。

 それで今回は、同じグループでも「奇数型」なのか「偶数型」なのかを、竹下雅敏氏野口晴哉氏により言及された情報(『茶色の文字』引用部分)を元に検証してみて、感じたことや私の意見、また判定のコツについて書きたいと思います。

 ★1は、竹下雅敏氏による東洋医学セミナー(五行類型論)より引用

 ★2は、野口晴哉氏の著書(体癖1巻2巻、全生社)より引用

 同じグループですから、同じ生理的機能が優位になり、得意な能力や心の指向性もほぼ同じになりますので、区別はある意味難しいところもありますが、「奇数型」「偶数型」では陰陽の関係ですから、同じグループでありながら正反対の要素を持っています。

 以前に記載したとおり、

 竹下雅敏氏の東洋学セミナー:五行類型論(シャンティ・フーラ提供)によると、

『(要約文)同じグループでは、同じ系統の生理機能が優位になるが、奇数型は緊張状態でその優位性が発揮されるが、一方偶数型は、リラックス状態でその優位性が発揮される』 とあります。


 また、野口晴哉氏(著書:体癖Ⅰ、全生社)によると、

『(要約文)奇数体癖には、自分の気を発散させたい欲求(鬱散欲求)があり、偶数体癖には、人の気を引き付けたい欲求(集注欲求)がある』とあります。

 このような違いも、長く付き合っていると分かってくると思いますが、早く判断できるように、そのコツを以下にまとめてみました。


1型と2型の判定のコツ

1. 前述の顔の特徴より、1型は顔が大きく、2型は顔が細長い

2. (要約文)緊張する場面でも頭の回転が良く、食欲もあるのが1型、緊張する場面では頭が働かず、食欲もなくなるのが2型』(★1)


 1型と2型は、顔の形の違いが分かり易いので、これだけで区別できるかもしれませんが、2番も考慮するとさらに区別しやすくなると思います。


3型と4型の判定のコツ

1.『(要約文)感情が高ぶったり動揺したり、また体調を崩しても食欲が旺盛なのが3

  型、嫌なことがあったり、感情が動揺すると食欲がなくなるのが4型』(★2)

2.前述の顔の特徴より、4型より3型の方が顔の丸みが顕著です。


 3型と4型は、共に食にとても関心が有りますが、1番の内容のとおり、緊張時や不調があった時に、食欲における変化が明らかに異なるので、区別しやすいと思います。

 また、2番にあるように3型の方がえらがはっていて顔が丸い。さらに3型の人は、明るくよくしゃべりますが、4型の人は、わりと大人しところがあるので、この点も考慮するといいかもしれません。



5型と6型の判定のコツ

1.『(要約文)活発に体を使うことが好きで、活動することで調子もさらによくなるのが

  5型、活発に体を使うのは苦手で活動を抑え、どちらかというと静寂や空想を好むのが

  6型』(★2)

2. 『(要約文)5型は肩が張って、肩の力が抜けないのが特徴です。ところが6型は、

  肩が張らないでだんだん丸くなって、首が前に言って肩が落ちてくるのです』(★2)


 1番にあるように活発に体を使った活動が得意と不得意で、大きく違うのでここが判れば判定は簡単ですが、もし分り辛ければ、2番にあるように、肩の違いに特徴があり、肩が肩パットが入っているように張っているか、内に入って下がっているかを確認し、判定するのがいいと思います。


7型と8型の判定のコツ

1.『(要約文)緊張すると(例えば試験など)トイレ(小便)が近くなるのが7型、雨の

  日など湿度の高い日は小便の出が悪く、調子が良くないのが8型』(★2)

2.『7型は手足が筋肉質、8型は手首足首が細く、柔らかい』片山 洋次郎著:身体に

  きく―「体癖」を活かす整体法 、文春文庫より引用)


 7・8型は、泌尿器系の働きに異なった特徴があるので、1番で示した違いを確認するのが分かりいいと思います。7型が日中など活動時は泌尿器系がよく働くに対して、8型は日中など活動時に泌尿器系の働きが悪く、雨の日など調子が悪くなります。

 1番でも判断しにくい時には、2番を参考にします。あとは、7型は活動的で行動的ですが、8型は気持ちではがんばりたくて、「がんばるぞ」とよく言いますが、それほどは行動的ではありません。


9型と10型の判定のコツ

1.『(要約文)このグループは共に愛情に焦点があるけれど、気に入った対象だけに愛情を注ぎたいのが9型、気に入らなくても頼られると何であれ愛情を注ぎたいのが10型』(★2)

2.『(要約文)ゴムまりのように引締まった印象の人が9型、ゆったりとラックスした雰囲気を持ち、年齢を重ねると太ってくる人が多いのが10型』(★2)


 しゃがむ運動で9型と10型の区別は、ほぼ正確に判断できると思いますが、怪我などで体の動作に異常があり判定が難しい場合は、1番と2番を参考に判断してください。



 以上で、 漢方・性質性格論「五行類型論」二つの型が判定できると思います。

 あとは、その二つの型において、どちらが1項目(交感神経系の特徴)で、どちらが2項目(副交感神経系の特徴)なのかを判定します。

 これにつきましては、またブログにしたいと思います。


ご興味のある方で是非ご自身の「漢方・性質性格論」の型を知りたい方は、「漢方オアシス」までお問い合せください(判定料今なら無料)



閲覧数:1回0件のコメント
bottom of page